Loudness Penalty

名前負けしたバンドっぽい名前 Loudness Penalty ですが、その名の通り、オーディオデータのラウドネスを計測して、YouTubeやSpotify, TIDAL, Pandora, iTunesといった名だたるサービスでどんだけ音量を下げられてしまうかを示してくれるサイト。 作りかけの曲をアップロードしてチェックしてみたら、このようになりました。 で、この後メールアドレスを入力するとまと […]

GDPR 施行に伴うオプトインの返礼ゲットに軽い落とし穴(解決済)

最近メールが多いなあと思ったら、プライバシー保護を強化する GDPR (EU一般データ保護規則)が5月25日に施行されるのに伴って、Webを通じてサウンド関連商品の販売を行う業者も例外なく対応を進めていることによると見られます。 EU(EEA)に拠点や現地法人を持たない日本企業のサイトであっても、EUからアクセスできる公開サイトに、お問合せやメルマガ購読のような名前やEmailアドレスを入力するフ […]

【レビュー】Isotonik Studio “Freak-Q”

Isotonik Studio の Ableton Live 用 M4L モジュール Freak-Q が魅力的に映ったので、うちの環境にも入れてみました。有償です。 どういう代物であるかについては、このVimeoの動画を見ていただいたほうが早い。 ですが環境によってはvimeoの動画がおそろしく重いようで、言葉でも効果をかいつまんで説明させていただくと… 一見 Cableguys のCurveなど […]

【土曜雑記】 180505

M3から早くも一週間経ちました。早いもんです。 お越しくださった皆さまありがとうございました。僕のサインで汚してすいません。 お土産のお礼を書くと逆にリクエストしてるように見えちゃうのであえて書かないでおきます。 関連イベントが5/12に札幌音楽処、5/26に京都、6/15にサッポロファクトリーで行われます。 ※ただし京都は違うイベントなので私は参りません。ずっと京都行きたいんだけど、なかなか時間 […]

AI作曲アプリ Amadeus Code

なんですかね、続けざまに。 今度は作曲アプリの Amadeus Code ですって、奥さん。 これがティーザームービーで、「おっ」と思わされる(とはいえ、音はいいけど高校生が作る曲って印象)のですが、 試しに作られたものがこれらしいです。 むむ…と言葉を無くすわけですが、いわゆるスクラッチという段階であって、DAW用にデータを書き出して、 このくらいに仕上げてね、という流れらしい。 こ […]

Tone2 “Electra2 2.6″がよりいい感じに

結論を先に書くと、Tone2 Electra2 、見た目は変わらないものの細かい部分で音質の改良や実用的な機能追加が行われ、プラグイン単体としての完成度がさらに高まったアップデートとなっています。 補正用にDAW側でインサートエフェクトを挿す必要がほとんどなくなりました。 目立った機能のみ記していきます。 ゲートリバーブの追加 長いこと一般に無用の長物の代名詞でもあったゲートリバーブが追加となって […]

【雑記】まこを食す

日頃STARAVIDの広報部長として東奔西走してくれてるS君が所用で札幌に来るというのでSHIHOさんと3人でゴハンしました。 札幌駅南口の続じょっぴん掛るというお店。 日によるのか、上納金を納めなかったのか、Googleと食べログでの評価は抑えめですが、広いスペースに控えめな客席数で特に悪くなかったですよ。しいていえばエレベーターが狭すぎるってくらいか。 「じょっぴん掛る(かる)」というのは北海 […]

【レビュー】 Roland Cloud “SRX ORCHESTRA”, “Anthology-1993”

Roland Cloud のJV-1080が出たばかりなのですが、2月になってSRX OrchestraとAnthology-1993が登場しました。 大手サイトだと製品に対するネガティブな意見が見られないので場末だからこそ書かせていただきますと…D-50やJV-1080などのLegendaryカテゴリーのソフトウェアにはこの先JDなどのシリーズも登場するかと思います。そうしたLegendaryカ […]

【土曜雑記】180217

メール ご苦労さま、お疲れさまもそうですよね 誰が言い出したか知りませんが… 言葉の自由を締め付けるビジネス敬語、大嫌いです。 など、その後に「あわせて読みたい」とされている、「出されたお茶を飲むのは失礼」とか、寡聞にして存じ上げないマナーが時おり話題になって、難癖付けたい人が独自の減点法を編み出して広めようとしているのか、そのルールが広まると作った人の社会的評価が高まるのかよくわかりませんけども […]