DAWからiPhoneを鳴らすメモ

iOSデバイスブラウザで有効にする

※うちはまだEl Capitan Audio MacとiPhoneをケーブルでつなぎ、Audio MIDI 設定でiOSデバイスブラウザを開いてiPhoneなりiPadなり有効にすると、InputデバイスにiPhoneを選べるようになる。 少なくとも、これでiPhoneの音をLogicに直でレコーディングできる。 MIDI あとMIDI。「セッション」を作ってiPhoneに接続する。 Blueto […]

ReWire接続手順のおさらい

ReWireへのMIDIはここで設定しない。

ReWireというのは、PropellerheadとSteinbergによって開発された、DAW間の同期やオーディオデータおよび演奏データ(MIDI)のダイレクトな送受信を可能にしたソフトウェア・プロトコル。 つまりユーザーが先に起動したDAWをホスト(主)として、スレーブ(従)となるDAWがソフト音源のような動作をする。 ReWire2になって64bitのDAW同士でもReWire接続できるよう […]

Reason 9.5をちょっぴり動作検証

別画面で表示されスティックしておくことが可能。

ベータテストを受け取っていたのに、じっくり試す間もなく正式リリースが登場しちゃった。 ログを残す仕組みのベータ版は若干重くて2,3個のVSTプラグインを立ち上げるだけでCPUがフットーしてしまっていたが、安定版はとても軽やか。 さて、VST(VST3が基準と記してある情報があったが非対応とのこと)に対応したReason 9.5の操作感など。 Reason 7,8,9辺りの操作感からの変更はほぼなく […]

数年ぶりに Reasonをアップデートした

数年ぶりにアップデートした

頻繁に使っていたのがいつ頃か、昔のデータを掘り返してみたら2006年くらいと、とてつもない昔だった。 いま個人的に頼まれている(ロハの)制作で、「倍音は少ないけどそこそこの厚みがあってフワッと上に抜けていく、そこそこのリリース感のある、メインになりうる音」を鳴らしたくて、この数日ずっと隙を見ては手持ちの音源で試していた。 ソフトウェアの加工性能がボトルネックになっている現環境 柔らかいボイスの音を […]

各種ソフトシンセでシンセベル音色を作成

MakouSynBells

非整数次の倍音が高域でキラキラ美しく聞こえてこそのシンセベル音色はJ-Popやアニソン、ファンタジー系のゲームや映像BGMにとって常套手段ですが、ソフトウェア音源でのシンセベル音色はエイリアシング(折り返し雑音 – Wikipedia)対策がうまく施されてないと使い物になりません。 追記:”エイリアシング”、”サチる”と安易にまとめてしま […]

Vocoder考 2012

LogicでのVocoder設定

某曲でVocoderだけの為にLive 8を使ったんですが、今までで一番しっくり来た音色だったので、自分のメモも兼ねて日記。 キャリア信号には高域に特徴のあるNIのMassiveを使用しました。どうってことない設定です。OSC1に鋸歯波、OSC2でGroanIVを使って補強、ピッチずらすのは王道の疑似コーラス。 Live側のVocoder用セッティングはこんな。低域と、狭母音のときにキツく聞こえる […]