Fade の世界

envatotuts+にて、アルバムの曲順についての考え方とfadeの使い方が解説されています。 最近はオーディオデータのトリートメント以外でフェードイン/アウトは使われない(エレクトロニカ系だとトリートメントですら使われなかったりする)のですが、曲中のギミックに用いたり、あと先日終わったM3のようにイベント前の作品宣伝用の音源紹介(クロスフェード)に用いられたりなど、全く機会がなくなったわけでは […]

Logic Pro X : メインウィンドウでのクオンタイズ

イベントリストで階層上がってクオンタイズ 意外と見逃されてるかもしれないなと思ったのが、メインウィンドウ上のリージョンのクオンタイズ。 典型的な例でいうとたとえば、オーディオファイルを16分でバババッと配置したけど、曲自体が1/16 Swing Dだとして、これに合わせて配置したいってとき。 こういうとき、リージョンインスペクタは使わずに、イベントリストを開いて階層を上がって(図中、赤い囲み)クオ […]

Logic Pro X : flex pitchでビブラートを整える

もちろんビブラートも含めて完璧なテイクを収められればよいのだけど、人間はロボットじゃないので毎テイク安定して録れるとは言い難い。 なまじ歌が上手いと、「もっと、もっと。もっと来い!」って気にもなるので、レコーディング時にVGはなかなか出ない。 現場でOKにするかどうか判断に悩むこともあります。 収録されたものをアラ探し気分で聞いちゃったりもします。 一昔前。 ビブラートが崩れた箇所をどうしても修正 […]

Logic Pro : fadeの挙動

今日は「クロスフェード」の検索語があったのでLogic Proの fade の使い方と(新たに浮上した)謎など。 fade (フェード)の基本動作と操作 オーディオリージョン選択時にはインスペクタはオーディオリージョンインスペクタとして機能し(ちなみにDrummerリージョンにMIDIリージョンインスペクタの値を反映する方法については別記事を参照のこと)、特有の機能としてフェードまたはスピード、カ […]

Logic Pro X : Drummer関連でいろいろ

先日、ちょっとそういう話題があったので。 機能を掘り進めるって意味で「Drummerを掘ってやる」って記事タイトルにしようと思いましたが勘違いされそうなので穏便な記事タイトルに変えた。 少し長めの記事になってしまったので、目次置きます。 通常のDurummerとDrum Kitのエディット チャンネルストリップを使用したドラムキットの切り替え ドラムキットではないものに置き換える リージョンインス […]

Logic Pro X : インスペクタの見方

あれこれ並行進行させていたため頭混乱中。ひさびさの更新(予約投稿)になります。 インスペクタの仕様がけっこうチグハグ。 年明け発売になるLogic本の中でも結構細かく説明したんですが、もう少し辛口テイストでインスペクタ周辺のことを拾っておこうかなと。昔からLogicを使っている方には気にならないところだろうけれど、これから使ってみようという方にとって理解を困難にさせているだろう箇所へのツッコミ。 […]

Logic Pro X : Arpeggiatorを利用したギターストローク

MIDI FXのScipterにGuitar Strummerというのがあるので、それを使うのがラクです。 とある件で話が持ち上がったギターのストロークの打ち込みの話。 わかってる人も多いと思いますが、ギターのコード弾きには低音弦側からガッと掻き下ろして弾くダウンストロークと、高音弦からガッと掻き上げて弾くアップストロークとがあって、このストロークがうまく打ち込まれていれば、本物のギターじゃなくて […]