Live 10 発表ですか

9月と見込まれていた Ableton Live 10 が2018年に登場するとのことで話題になってますね。

一方、ICONさんのとこではRobert Baker氏のfacebook投稿を紹介。

当のAbletonのBlogでは何も語られていませんが、Ableton自体のサイトトップにはもうLive 10の説明が載っていて、ほうぼうのニュースサイトでもMax 8やLive 10が取り上げられてます。

New in Live: Discover the new features Ableton Live has to offer | Ableton

New in Live: Discover the new features Ableton Live has to offer | Ableton

Ableton Live 10 in depth: hands-on impressions, what’s new

Ableton Live 10 Brings New Devices, Improved Workflow & Max For Live Full Integration

Ableton Live 10 Announced: What’s New?

Ableton Announces Live 10

Max 8 Coming In 2018

Ableton Live 10 comes with new Wavetable synth, re-designed sound library & more

ICON » Ableton、新世代DAW「Live 10」を発表! 新音源「Wavetable」など新しいデバイスが追加、Max for Liveも標準搭載に

ICON » Ableton、新世代DAW「Live 10」を発表! 新音源「Wavetable」など新しいデバイスが追加、Max for Liveも標準搭載に

ICON » Cycling ’74、「Max 8」を発表! 来年第二四半期リリース、Live 10のMax for LiveがMax 8ベースであることも明らかに

ICON » Cycling ’74、「Max 8」を発表! 来年第二四半期リリース、Live 10のMax for LiveがMax 8ベースであることも明らかに

アレンジメント・ビューでの機能拡充に力が入っているようで、旧版の細かいバグ(アレンジメント・ビューでリージョン内にオートメーション情報がある場合、デフォ画面がノート入力でなくオートメーション入力画面になっちゃうとか)修正などもたぶんされているとは思うのですが、おおむねライブプレイヤーよりもトラックメイカーに向けたアピールになってますね。
Cycling ’74がAbletonと結束したのも遠因としてはあり得ると思います。

さんざん僕が言ってきたWavetableの視認性についてはほかのどのDAWよりも先に純正として実装していて、あとはどの程度の粒度と加工性能を持っているか、オリジナル波形の読み込みや、広く出回っているWavetableシンセの音の取り込みに対応しているかが気になるところ。
正直なところ、Liveの元々のプリセット音色のクオリティを考えると、新しい機能が備わったことでそんなに期待できないかなと思ってますが。

個人的に切実に臨んでいたグループ機能の入れ子がついに搭載されて嬉しいです。
VCAの機能が備わっていないため、ちょっとトラックが多くなるとバランスを取りにくかったので。

First look video: Ableton Live 10 Echo delay | MusicRadar

First look video: Ableton Live 10 Echo delay | MusicRadar

ちなみにMusic Radar誌で集中連載でも始まるのか、Live 10の新機能Echoの説明動画が上がっていて、目視できる部分の説明がひとしきり行われているんですですけど、Gateの機能を実践できていなかったり、DottedやTripletのプルダウンをモードと言い切っているあたり若干微妙ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA